機能改善 領収データ発行機能にてインボイス制度の書式での出力に対応しました。 詳しくはこちらをご覧ください。

新機能 参加者によるイベント出席機能をリリースしました。今までは主催者による出席管理機能はありましたが、大規模イベント等での受付処理が大変とのフィードバックをいただいてました。今後はイベント作成時に発行される「出席コード」を会場現地や配信で共有してもらうことで、参加者自身でイベント出席登録を行うことができるようになります。これにより受付処理が容易になりますので、イベント主催者の皆様はぜひご活用ください。詳しくはこちらのニュース特集ページ をご確認ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Jul

9

[オンライン開催] BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営へのDXするための第一歩とは

Organizing : 株式会社ナレッジコミュニケーション

Hashtag :#databricks
Registration info

参加枠1

Free

FCFS
1/80

Description

お知らせ

本イベントは、フルリモートでの開催となります。参加申込された方向けに Zoom のURLをお申込み時にご入力いただいたメールアドレス宛てにお送りします。

国内でも多くの企業が実践をしようとしている「データ経営」、自社でBIやDWHなどを導入したものの理想はまだほど遠い。。。と言った声が多く寄せられています。

本セミナーではより成功事例のご紹介からよりプロアクティブにデータを活用するための考え方や海外ではAI/データ分析を利用する際に真っ先に検討にあげられる、databricks というデータ分析統合プラットフォームをご紹介します。

開催日時

2020年7月9日(木) 15:00-16:30

プログラム

14:50-15:00 : ログイン開始

15:00-15:30 :BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営の第一歩とは(仮題)

株式会社ナレッジコミュニケーション ビジネス・デベロップメント部 中西貴哉

15:30-16:00 「小さく始めて大きく成長できる」DatabricksでAIを使い切るポイント(仮題)

Databricks日本法人 常務執行役員 北原 祐司

16:00-16:30 「見える化」を侮るな。データドリブンのスタートは”気づき”から

ウイングアーク1st株式会社 Cloud事業部 ビジネス戦略室 副室長/エバンジェリスト 大畠幸男

お願い

下記「プライバシーポリシー」をご確認・ご了承いただいた上で、お申し込みの際はお名前等のご記入をお願いします。 ご協力いただけない場合は当日参加をお断りさせていただく場合がございますので、予めご了承ください。 <プライバシーポリシー / 個人情報の取り扱いについて> https://www.knowledgecommunication.jp/privacy/

協同主催会社/協力パートナー

・Databricks日本法人、ウイングアーク1st株式会社

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

[オンライン開催] BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営へのDXするための第一歩とは has been canceled. You cannot attend this event.
You can ask questions to the event organizer by writing a comment on the event page.

06/23/2020 13:48

株式会社ナレッジコミュニケーション

株式会社ナレッジコミュニケーション published [オンライン開催] BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営へのDXするための第一歩とは.

06/23/2020 10:33

[オンライン開催] BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営へのDXするための第一歩とは を公開しました!

Group

中止

2020/07/09(Thu)

14:30
16:30

You cannot RSVP if you are already participating in another event at the same date.

Registration Period
2020/06/23(Tue) 10:00 〜
2020/07/09(Thu) 13:00

Location

(場所未定)

Attendees(1)

北原祐司

北原祐司

[オンライン開催] BI利用から踏み出したデータ活用へ!データ経営へのDXするための第一歩とは に参加を申し込みました!

Attendees (1)